確かな技術と知識がある美容外科に通おう

美しい輪郭へ

色々な方法による整形

輪郭を好みの形に変えることを希望する人は多くいます。輪郭に丸みがあると、童顔つまり若く見えるようになりますし、シャープな輪郭にすると細く見えるようになります。輪郭次第で、顔の印象は全く違ったものになるのです。 美容外科では、そのための整形を色々な方法でおこなっています。頬や顎をふっくらとさせたい人には、丸みのあるシリコンの挿入をおこなっています。脂肪が多くて頬が垂れ下がったり二重顎になったりしている人には、脂肪吸引やフェイスリフトの施術をしています。また、顎や頬の骨が出っ張っているという人には、骨を削る整形手術をおこなっているのです。 いずれの整形にも、輪郭を大幅に変える効果があります。理想とする顔立ちになるためには、とても有効な方法なのです。

ダウンタイムのない方法

しかし骨を削る整形手術はもちろん、シリコンの挿入や脂肪吸引やフェイスリフトも、体にはある程度の負担がかかります。麻酔はおこなわれますが、それが切れた後は痛みが発生しますし、しばらくは内出血による腫れが残る場合も多いです。 こういった、痛みや腫れのある期間を、ダウンタイムといいます。そして昨今では、このダウンタイムのない整形が流行しています。メスの代わりに注射器を使用するという整形です。 具体的には、シリコンを挿入する代わりに、液状のコラーゲンやヒアルロン酸を注入します。脂肪の多い場所には、脂肪を溶かす作用のあるフォスファチジルコリンを注射します。骨が出っ張っている部分には、筋肉を弛緩させて出っ張りを目立たなくさせるボツリヌス菌を注射するのです。 効果が一時的なものだったり、効果が出るまでにある程度の期間が必要だったりはしますが、ダウンタイムがないことから、いずれも高い人気があります。